医師・歯科医師・医療機関向け保険

  • BPIは院長先生やドクターの社会保障と最良なライフプランをご提案しています。

  • 大型病院の院長先生や勤務医のドクターと、一人医療法人や開業医の社会保障を比較すると多少なりとも差があります。また、個人差はあれどもライフプランに必要とされる死亡保険等の保険金額にも差があり、その違いを検証し先生に合ったプランを考えてみては如何でしょうか。BPIでは、現在ご契約のプランの見直しや新規プランの構築等を先生の立場でご提案してまいります。
  • ちょこっと知恵袋
  • 医療現場で日々活躍する先生にとって自分に合ったライフプランなどと言う方も多く見受けられますが、将来を見据え考える上でやはり備えは必要です。BPIは先生の気になる点を明確にするため、迅速に対応いたします。

院長先生やドクターの社会保障とライフプランを比較

  • 勤務医のドクターや大型病院の院長先生の場合
  • 勤務医のドクターや大型病院の院長先生の家族やライフプランを守るために必要とされる死亡保険等の保険金の額は、開業医や一人医療法人のドクターに比べてやや少額の準備で守ることが可能です。やや少額の保障で死亡保険金額が満たされる理由として、社会保障という観点で勤務医のドクターや大型病院の院長先生を見ると、医業に従事しているという違いこそあれサラリーマンと同様の社会保障に厚く守られているからです。
  • 勤務医のドクターと大型病院の院長先生等にはどのような保障があり、不足しているのかを検証してみましょう。
    • 公的病院や大学病院、民間の大型病院のドクターと院長先生(健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金保険、介護保険)
    • このタイプの先生は、一般的なサラリーマンと同じく健康保険や厚生年金などの社会保障に守られているので、民間の保険で準備すべき最低限の保険内容は、(あなたの家族の毎月の生活費-あなたの遺族厚生年金等の支給月額)を、あなたが退職される年齢まで、収入保障保険という月額支給型の保険にまずは加入します。その他に学費が必要な場合は、死亡保険を兼ねた養老保険や貯蓄型の保険を準備すればよいでしょう。更に余裕がある場合は、ご夫婦それぞれに万一の時の葬儀費用として、最低300万円ずつの終身保険の準備をお勧めしております。(子供のいる40歳の妻帯者世帯を基準に計算)
    • 個人病院等に勤務するドクター(医師国保/歯科医師国保、労災保険、雇用保険、厚生年金保険、介護保険)
    • このタイプの先生は、一般的なサラリーマンと同じく健康保険や厚生年金などの社会保障に守られているケースもありますが、勤務先の状況によっては健康保険、医師国保、厚生年金保険でなく、国民年金保険に加入されているケースもありますので、民間の保険で準備すべき最低限の保険内容は、(あなたの家族の毎月の生活費-あなたの遺族基礎年金の支給月額)※1を、あなたが退職される年齢まで収入保障保険という月額支給型の保険にまずは加入しますが、1の公的病院や大学病院に勤務するドクターに比べ得て、2のドクターは厚生年金よりもいざと言うときの支給金額が少ない国民年金に加入しているので、準備する月額(※1参照)が大きくなります。この他に学費が必要な場合は、公的な国民年金死亡保険を兼ねた養老保険や貯蓄型の保険を準備すればよいでしょう。更に余裕がある場合は、ご夫婦それぞれに万一の時の葬儀費用として、最低300万円ずつの終身保険の準備をお勧めしております。
  • 一人医療法人や個人開業医の院長先生の場合
  • 一人医療法人や開業医の院長先生は、自分の家族やライフプランを守るために必要とされる自助努力の死亡保険等の保険金額が公的病院や大きな病院に勤務されているドクターに比べてかなり高額なものになります。その理由として、一人医療法人や開業医の院長先生の場合、公的病院や大きな病院に勤務されているドクターに比べて社会保障が不足しているケースがあるからです。
  • 一人医療法人や開業医の院長先生にはどのような保障があり、不足しているのかを検証してみましょう。
    • 一人医療法人の院長(医師国保/歯科医師国保、労災保険、雇用保険、厚生年金保険、介護保険)
    • このタイプの先生は、一般的なサラリーマンと同じく、健康保険や厚生年金などの社会保障に守られてるケースもありますが、もともと個人開業医であった先生が、個人事業を法人化したケースが殆どなので、退職金等の準備も自分でしなければなりません。したがって、民間の保険で準備すべき、保険内容は、基本的には医療法人の退職慰労金の準備規定や弔慰金規定に基づいて、法人契約で保険を準備することになります。この他に従業員を雇用する立場から、従業員の退職金を中退金や、従業員が全員一律条件で加入する条件で、養老保険を使って、従業員の就業途中の死亡事故の際に支給する死亡退職金の支払い原資や、通常の退職時に支給する退職金の支払い原資として活用する場合もあります。
    • 個人開業の院長(医師国保/歯科医師国保、労災保険、雇用保険、国民健康保険、介護保険)
    • このタイプの先生は、一般的なサラリーマンとと違って、国保と国民年金という最低限の社会保障しか待っていませんので、民間の保険で準備すべきの保険内容は、かなり高額になります。したがって、(あなたの家族の毎月の生活費-あなたの遺族基礎年金の支給月額)※1を、あなたが退職される70歳前後の年齢まで、収入保障保険という月額支給型の保険にまずは加入します。厚生年金に加入している勤務医よりもいざと言うときの支給金額が少ない国民年金に加入していますので、準備しなければいけない月額(※1参照)が大きくなります。この他に学費が必要な場合は、公的な国民年金死亡保険を兼ねた養老保険や貯蓄型の保険を準備すればいいでしょう。更に余裕がある場合は、ご夫婦それぞれに万一の時の葬儀費用として、最低300万円ずつの終身保険を準備するといいでしょう。
医師キャラクター
  • 医療に関わる先生たちの社会保障はケースによって様々です。現在ご契約の保険の見直しや将来に備えたライフプランなど、気になる点がございましたらお気軽にBPIまでお問い合わせ下さい。
  • レセプト点検をより快適に!BPIはレセプト点検のムダを軽減するためのご相談も承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • BPIご相談窓口
  • 医師・歯科医師・医療機関向けの保険に関するお問い合わせは、BPIまでお気軽にどうぞ!